テレビでは

週末に盛り上がったハロウィンのニュースが

流れていますが

  

ほんとは

10月31日ですからーーーー!!!!

  

サポステはハロウィンを

ほんとの日にしますからーーーー!!! 

 

詳しくはこちら

 (お手伝いをしてくださる方募集です)

  

ハロウィンの報道を見るたびに

違うよ

未だだよ

みんな来てよ。

 

そう思っています。

   

今日はサポステに

「おりがみでコミュトレ」

先生の先生も来てくださって

31日の準備

をしましたよ。

   

先生の手にかかれば

このオレンジノシカク

 

    

 

  

が、

可愛い丸系に

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレは.....アレですよね?

  先生! あれですよね...ほら....

  

(最近、すぐ名前が出てこず
 あげく「ほら」なんて掛け声までかけるスタッフ)
  
ジャックオーランタン!ですか?」  
  
YES! 最高にスッキリしました。
   
  
途中遊びに来た人も
みんなで一緒にジャックオーランタン
   
先生も黙々と..
    
なんだか かぼちゃがみんなで覗き込んでいる気がしたので
ついついアイツを
登場させてしまった
  
  
格好よく駆(か)けて来るアイツ
  
  
脚がいっぱいある鶴さん
     
  
かぼちゃの上に立ちたがる
 鶴さん
 
   
ハロウィンの魅力をアップするために
一役買っています
口をつけるとより雰囲気が出る!!
   
     
  
準備は着々と進んでいます
みんなぜひ遊びにorお手伝いに来てね
  

ハロウィンイベント

日時:10月31日

場所:福江児童館集会室

参加:児童館の小学生  五島若者サポートステーション

費用:無料   

 

イベント内容

・ハロウィンの歌を歌おう

・仮装コンテスト

・Trick or Treat

・記念撮影

・パプリカを歌おう

 

 

 

日本にもずいぶん馴染みが出てきて

 町中が仮装OKになっている地域も見受けられます

 

ハロウィン

 

はもうすぐです。

 

これはもともと

秋の収穫を祝い

悪霊を追い出すための行事

カトリックの諸聖人の日、

11月1日 万世節 

この前の晩に行われます。

   

   

町中がハロウィンのシンボルでもある

かぼちゃや

かぼちゃで作るジャックオーランタンや

オバケなどを飾り

   当日は夜になると子どもたちが

近所のおうちを訪問してお菓子をもらうのです。

その時の掛け声が

   

  

「Trick or  Treat」

    

trick いたずら

or       それとも

treat お菓子

   

という直訳  つまり  

 

「お菓子をくれないならいたずらしちゃうぞ」

    

と言ってお菓子をもらって回るわけです。

 

日本では単に仮装を楽しむ日になりつつありますが     

アメリカではこのような意味を持ち

なにより子どもたちが1年で3本の指に

入るほど楽しみにしている行事なのです。

       

そこでサポステでは

ハロウィン当日に

同じ建物内にある児童館の子どもたちと一緒に

ハロウィンイベントを行います。

   

みんなで盛り上げましょう!!

仮装してくれる人も募集中です。

  

  

ハロウィンイベント

日時:10月31日

場所:福江児童館集会室

参加:児童館の小学生  五島若者サポートステーション

費用:無料   

 

イベント内容

・ハロウィンの歌を歌おう

・仮装コンテスト

・Trick or Treat

・記念撮影

・パプリカを歌おう

 

 

 

  

 

   

   

   

 

 

Aさんが

 自分の話をみんなに聞いて欲しい。

 

って言って、

その機会をつくり

  
というのは前回の話。

 

胸が締め付けられて

涙が出るというか

悔しくてね....

出るな涙負けない
でも、腹が立つ!
って思って
 
 
どんな顔になっていたかな私。
Aさんを傷つけた人に
怒っても
今のAさんは穏やかで
ここで私が怒っても
 
「まぁまぁ...」となだめるAさんがいて...
  
  
でもね
  
やはりサポステは
1人じゃないわけです。
 
1人じゃないってこういうことなのね。
   
そう思う出来事が起きました。
     
  
  
Aさんの話を聞いていた
Bさんが
 
 「実は自分もね.....」
   
と話をしてくれたのです。
すると
   
 「わたさしの場合はね....」
  
とスタッフ
  
  
みーんな
ちょっと触れないでおいたこと
触りたくなかったことを
ポツリ ポツリと
話出したのです。
  
何も話していないCさんも
うんうん と聞いてくれています。
   
     
     
   
  
そっか
1人じゃないって
気持ちをぶつけたら
何かを感じてくれて
返って来るものなんだな
  
そう思いました。
 
Aさんやサポステのみんなに教えられました。
  
Aさんの
 
「辛いことに向き合うから聞いて」
 という思いは
 
確実に他の人に届いて返って来たわけです。  
 
Aさんの気持ちに動かされた人がいた。 
  
Bさんの話を聞いてさらに応えるAさんがいた。
   
辛いですよ。
  話の内容は悲しいですよ。
  
       
その時のAさんに
今のサポステの様子を見せてあげることができたような気がします。
   
辛い過去は取れないけれど
後から、辛いとか悲しいだけじゃないものに
変えていこうじゃないかと
思いました。
  
Aさんの辛い過去は
Aさんの話を聞く会によって
他の人の心を開かせました。
Aさんにも、他の人にも
前向きにこれからを考える
材料になりました。
  
みんなで聞いたので
色々な化学反応が起こりました。
  
1人ではできなかったこと。
  
そう思いました。
  
Aさんはみんなに話したけれど
辛い時はまず1人に話してみませんか?
不思議と身近な人過ぎると
話辛いことってあります。
学校をやめた後のこと、
仕事について
ももちろん、
外に出るのも嫌だなど、
学校や仕事に行く
もっともっとずーっと前のことも
友達にも家族にも学校にも
なんだか話しづらいな....
そう思ったら
サポステに来てくださいね。
      
メールでもどうぞ。
info@goto-saposute.com
  
そして
サポステに来てくれるみなさん
私も聞きたかった。
私も話したい。
1人にでも、みんなにでも....
      
そんな要望があれば
    
いつでも声をかけてください。
    
聞きたいです。
一緒に考えたいです。
   

五島サポートステーションって

 

 

 

こういうお悩みの方が来ます。

  

でもね

  

こういうお悩みを持つ

ずぅーっと前のところから

悩んでいる方が多いのです。

だから、まず会いたい

と思っています。

     

     

先日、いつもサポステに来てくれる方.....

仮にAさんとしましょう。
Aさんが
  
「自分のことを話したい
  みんなに聞いて欲しい」
こう言ってくれました。
   
Aさんは優しくて面倒見がよく
スタッフを含めみんなのことを
よく気にかけてくれる方です。
     
人前で話すのが得意では無かったはずです。
みんなで集まった時も
自己紹介など自分の番になると
来ちゃった...という感じ。
    
でも 話したい って言ってくれたのです。
みんなに です。
    
     
    
スタッフはすぐに動きました。
    
Aさんが話をする場をつくり
みんなに声をかける
仕事の調整をして
会の時間をとるなどなど
     
そして その会は開かれたのです。
   
      
  
とってもとっても辛い話でした。
   
  
家庭が複雑だったこと。
小学校からずっといじめにあっていたこと。
友達だけではなく
先生からも今でも傷が残るような
ひどい暴力を受けていたこと。
誰にも言えなかったこと。
周りの人をみんな嫌っていたこと。
みんなが消えれば良いと思うほど
嫌っていたこと。
  
(だいぶオブラートに包んでお届けしています。)
   
悲しいし、悔しい話でした。
    
サポステでは 
”高校を退学して就職をしてないAさん”
として迎えることはありません。
辛いことはないかな?という感じ
希望する道を一緒に探すスタンスで
接していきます。
     
Aさんのことは   
”何か悩みを抱えているAさん”
とは思っていました、
けれど日常の会話やこの会があって
"ずっとずっと辛い思いをしてきて
 みんな消えてしまえと思っているAさん"
だということが分かりました。
  
  
今は違いますよ!!!
       
サポステに来たばかりのAさんは
近く人を睨みつけ
    
近づくな!!!!!
    
と怖い怖い....(当時のスタッフ談)
必死に自分を守っていたのでしょう。
  
      
それって
すごくパワーがいることだったはずです。
体中に力が入って
他に頭が回らなかったはずです。
   
Aさんが今のAさんになって
本当に良かった(T^T)
     
  
Aさんがサポステを信じてくれて
少しずつ会話が出をしてくれるようになって
受け入れてくれて
サポステ内のイベント企画も
してくれるようになって、
みんなが心地よく居られるように動いてくれて
 良かった
   
    
1人じゃないから
   
 1人にさせないからね
   
  
そんなサポステだから
Aさんの勇気が加わって
できた会だと思っています。
   
人が.....
急に変わるわけないでしょ
本当に少しずつ...
    
雪解けよりももっとゆっくり
進んだと思ったら
止まったり、戻ったり
でもその時間も大事
   
そして、今だって
少しずつ理想に近づいているといいな...
そして、
この会をやって良かった
そう思うことは
 
Aさんが話したあとにも起きました。
   
つづく    

     

   

五島の魅力を再確認し、

いっぱいになったお腹も落ち着いて

風呂敷から可能性を生み出す面白さもしり

   

午後のスタートです。

この頃にはもうみんな打ち解けていて

 

「せっかくだから車を交代しよ〜♪」

  

なんて席替え的に楽しんだり。

  

朝には想像できなかった

昨日からしたら

 

  奇跡

 

 

な空気が流れてました。

  

五島散策 最後は

  

 

 

水ノ浦教会

 

 

 

  

白くてきれいな教会です。

 

お兄さん、お姉さん

この教会は 

映画:くちびるに歌を

  

で使われていた教会ですよー!

  

おじいちゃん、おばあちゃん

この教会は近日公開

映画:最高の人生の見つけ方

  

で使われている教会ですよー!

 

 

と、映画ツウぶってみました。

  

あの映画良かったよね

今度の映画楽しみだよね

 一緒に観たいね

 

なんて言いながら

高台をてくてく....

 

 

 なんだかドラマチックな空のした

てくてく てくてく

26聖人のヨハネ五島像を見に行った皆さん

  

  

あたくし? 

下でこの写真を撮るために 

待っていたのよ

 
ちがうって
遣唐使館でバイキングを3周して
お腹が重いからじゃないよ!!
     
そう思って門に目をやると
 

 

深い

  

そうだ。私も堂々とここで待とう

 

そう決心した瞬間でした。

 

ちなみに

対になっているもひとつの門も

 

 

 

 

ね!

 

通りたいでしょう??

 

  

でしょう?

 

 

と、いうことで

みんなで笑顔になる。という

最高のご利益やら恵を受け取って

帰路についてのでした。

  

 

こんどは どこに行こうかね?


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM